TOP

蒲田風俗をじっくりと味わってきたので、体験談で報告します。

風俗にはまっていた時期は・・・

俺の友達は昔風俗街の近くに住んでいたのでよくかわいい子がいる店を教えてくれていました。俺は当時なかなか彼女ができないタイプだったんでどうしたらいいのか悩んでいると友達が風俗嬢の子を紹介してくれたんです。まず女慣れすればいいと言われてそこからはその子がお気に入りになりました。もちろん俺の弱いところも知っていて俺も彼女の弱いところがあるのも知ってるくらいどんどんはまっていきました。風俗嬢として見るというよりはひとりの女として見てました。あっちは全然その気がなかったみたいで線を引くためかいつも敬語で話してきました。結局プレイを頼むこと以外合うことはなかったんでそのうち予約もしなくなっていきました。風俗にはまったことは誰にもいってませんし、もちろん今の彼女にも秘密です。なかなか彼女と会えないときはあの時のことを思い出したりもしますがもし今の女と別れたらまた電話をかけてみようと思います。そういうことがないようにしたいとは思ってはいますけどね。

風俗嬢の耳元会話にゾクゾク

扉を開けてから風俗嬢を迎え入れます。そしてお互いに挨拶を交わしました。するとこの風俗嬢はすっごく優しい笑顔で話しかけてくれます。この話しかけ方が最高に可愛いんです。そして私の耳を舐めながらボソボソ会話してくるんですよ。吐息、温かさ、ヌルヌル感、もうヤバイですよ。こんなに気持ち良い責め方をされてしまうと、早漏な私のチビチンポなんてイチコロです。どうすれば良いんだろう…と思いながらも嬢のリップサービスをただただ受け入れます。受け入れているとあっという間にチンポがフルボッキです。もっと激しくしてほしいな…と思っていると嬢は凄まじい勢いでチンポを舐めてくれます。すっごく気持ち良い舐め方なのであっという間に精子を発射してしまいました。精子を出している時もすごいバキュームだったので凄まじい射精感でした。これまでに体験したことないくらいでしたよ。今年は風俗に全然行けなくてまだ4回目くらいです。来年はもっと風俗に行けるように時間作りたいと思います。